がん保険にはできるだけ早めに加入を

がん保険にはぜひ、早めに加入しておくことをお薦めします。
がん保険は他の生命保険とは性質を異にし、保険契約時から3ヶ月の待機期間があるからです。

この待機期間は不填補期間とも呼ばれています。およそ90日間に及ぶ、保障を受けることができない期間が設けられているのには理由があります。
がんに罹った人には、自覚症状がない場合や、自分ががんであることを告知段階では知らなかったというような場合があります。あるいは、実際には罹患していないにも関わらず、がんに罹ったかもしれないという不安から、がん保険に加入し保障を受けようとする人もいます。こうしたケースを考慮し、90日間の待機期間を設けることで、公平な契約を成立させるという意味合いがあるのです。

がん保険には、こうした待機期間があるという点を理解しておく必要があります。
つまり、最低でもがんに罹患する3ヶ月前にはがん保険に加入しておかなければ、実際に罹患した場合に保障が望めないということです。そこで、早い段階でがん保険に加入しておけば、入院、手術、通院、その後の療養などに備えて、充分な保障によるサポートを受けることができます。

もしもの場合を考えるならば、がん保険にはできるだけ早めに加入しておくべきでしょう。