がん保険をタイプ別に考える

一般的ながん保険は、がんと診断された時点で診断給付金が一時金として支払われます。
早い段階でまとまった金額を受け取ることができるため、がんの治療に際して通院に伴う諸費用、先進医療による治療費などに当てることができます。

がんと診断確定されれば、入院の有無に関わらずこの診断給付金は支給されますが、保険会社によって支給内容が異なる場合があり、契約期間中の支払いが1回限りのもの、前回の支払いから一定期間が過ぎていれば複数回支払われるものなど、いくつかタイプがあります。同様に、通院給付金についても保険会社によって支払い条件が異なり、退院後のがん治療のための通院を対象とするもの、退院後を含め入院を伴わない通院全般を対象とするものなどがあります。

近年では、特約として、がん以外の病気や怪我に対する保障を付けられるものも登場しています。こうしたタイプは、がんを主軸として広範な病気や怪我に対応しており、医療保険以上に安心を得ることができます。
各保険会社によって保障内容に差異はあるものの、がん保険はいざという時に大いに役立ち、治療のための助けとなるものです。

各社の保障内容を吟味した上で、がん保険には早めに加入しておきたいものです。